逆Z法で目頭切開の修正(蒙古襞形成)をした方の口コミ13人から上手い病院をご紹介

目頭切開は欧米人や西洋人のようなぱっちりとした目元にすることができる手術ですが反面やりすぎてしまうと目の印象がきつくなってしまったりパンチ穴で空けたような違和感のある目元になってしまうこともあります。

失敗してしまったと感じた時は多くの場合、やり直すことが可能です。

目頭切開の修正、逆Z法って何?元に戻るの?

続きを読む

目頭切開で切り過ぎるとどうなる?失敗例10人・ブログ3つから考察

目を大きくするために、目頭切開法の治療をする人もたくさんいます。

目を大きくする施術としては、目を二重にすることもありますが、同時に目頭切開法の施術を行うと目の横幅が大きくなることが特徴です。

しかしそんな目頭切開法にも失敗例があるので施術前に知っておくようにしましょう。

当相談所では、過去10年にわたり、目頭切開の手術で切りすぎてしまった症例を多く見てまいりました。その上で、失敗が起こってしまった原因と解決方法および回避方法についてをまとめました。ご覧ください。

目頭切開の失敗例、切り過ぎるとどうなる?

続きを読む

【最強の眼瞼形成】名医は目頭切開+全切開や埋没法も対応出来て当然!

最強の眼瞼形成と言われる、全切開+ROOF+目頭切開+グラマラスライン形成などの手術の組み合わせ。

これならば多くの方が平行二重にもできますので、名医であるならば目頭切開+全切開や埋没法も対応出来て当然です。

しかしながら、同じ手術を行っても医師の腕が下手だと失敗することもしばしば。

これは美容整形の話だけではなく、他のなんのサービスに関しても同じことです。

ただ、美容整形に関しては多くのサービスのなかでももっとも失敗したくないものでしょう。ジュースを買うというのとはわけが違い、顔のことですから、一生に関わる問題になります。

この記事では、クオリティの高い手術とはどのようなものかについてをまとめます。名医を選びたい方はぜひ、ご一読ください。

【最強の眼瞼形成】名医は目頭切開+全切開や埋没法も対応出来て当然!

続きを読む