大阪の二重全切開、おすすめクリニックと名医のご紹介

二重全切開手術をするならば、施術前に慎重にクリニックや医師を選ぶ必要があります。

埋没法と異なり、ダウンタイムの期間も長く、手術もしっかりとしたものになるので、気に入らなかったらまた直せばいいと気軽に考えないで、施術前に充分に検討するようにしたいものです。

大阪の二重全切開で綺麗な二重に印象チェンジするコツをご紹介致します。

大阪の二重全切開、おすすめクリニックと名医のご紹介

術後の感想から分かる二重全切開のトラブル例・後遺症まとめ

二重全切開は、一重まぶたや腫れぼったいまぶたの方がくっきりとした二重を手に入れられるので大阪の美容外科では人気を集めている施術です。

ただし実際に二重全切開を受けた事がある方の感想をチェックすると、術後にトラブルや後遺症が起こりうる事が分かります。

術後の感想で最も多いトラブル例を挙げると、整形を受けたことがバレバレの目元になってしまうことです。

これは、ほとんどの場合、医師の腕が未熟で目頭を切り過ぎてしまう事で生じます。不自然な状態になると、会社などにも行けず日常生活に支障を来たすことになります。この場合、再度切って戻す修正治療を受ける必要があります。

その他にも、術後に目の開きが悪くなると言うトラブルも見られます。このトラブルは、幅が広い二重にした場合やもともと開きが弱い方に起きることが多いです。

その理由は、二重の幅を広げる事でその分、重くなるためにこれまでの目を開ける筋肉では持ち上げづらくなってしまうからです。トラブルの対処法としては、開きを良くする眼瞼下垂手術を受ける必要があります。

次に、施術後に目の上の皮膚がくぼんでしまうというトラブルも起こりえます。

このような症状が起こる理由は、医師の技術・経験が乏しくて、施術時にまぶたの脂肪を取り過ぎてしまうことからです。

通常は脂肪があるはずの箇所から脂肪が消えるので、当然、皮膚がくぼんでしまうと言うわけです。対処法は、取り過ぎてしまった箇所に脂肪注入を施す手術が必要です。

また、施術後に傷が気になるというトラブルも生じます。基本的にメスを入れた箇所の傷というのは、人によって異なるものの通常は6か月から1年で目立たなくなっていきます。

ただ傷が残る人は、年月が経ってもそのまま消えずに目立ってしまいます。対処法は、傷を切除して縫い直していきます。それでもダメならば、繰り返しレーザーを当てて傷を薄くするという治療を施す事になります。

それと、手術後は後遺症として患部の腫れ、内出血が目立つ事が多いです。腫れや内出血は施術直後は目立ちますが、時間が経過するたびに症状が落ち着いていきます。

術後一週間くらいで軽微な状態になるので、コンシーラーなどで隠して普通に仕事に行くことが可能です。

このように二重全切開の施術に当たり、様々なトラブルや後遺症が起こりえます。なので、施術を受ける前は担当医と時間をかけて話し合い、納得して施術に臨む必要があります。

大阪の病院・美容外科クリニック3つの費用をまとめてみた

これまで一重で悩んでいたという方も二重まぶたはいくつか手術の方法がありますが、何が違うのか費用などわからないこともあります。手術の方法はまぶたの個人差もあり、その状態によっても変わります。

目の上のたるみが強いという方、皮膚を取ったほうがよりきれいな二重になる方に適している方法には二重全切開があります。

まぶたは年齢とともにたるみが発生してきますが、そのままではたれ目になることがあります。これは仕方がないことです。二重にする場合はラインを決めてから、二重全切開して余分な皮膚や脂肪を取り除きます。

二重にしたい、腫れぼったい目をきれいにする場合は二重全切開がよいことになり、元に戻ってしまうこともなく、いつまでもキレイな二重ラインを続けることができます。

大阪の病院・美容外科クリニックは二重全切開の内容など事前に相談を行って施術することができ安心です。信頼できる医師の豊富な知識などによりわかりやすく説明をしてもらうことができます。

傷の跡も目立たなくいつまでもキレイな二重でいることができるので安心です。大阪の病院・美容外科クリニックで二重にする場合は手術の内容や費用などもインターネットで確認できます。

経験談から分かる注意点・画像ブログ

二重全切開の手術を受けるときは、緊張をしていることもあると思いますが、だらりとリラックスをして力を抜くことが重要です。力を抜くことが、手術後の腫れを抑えることにつながります。

手術中は麻酔が効いているため、まぶたの感覚はないままに受けます。縫っている感覚や引っ張られている感覚はなく、安心して手術をうけることができます。

くいこみが強くなるように手術した場合は通常よりも腫れやすいです。術後二、三日は強めに腫れる可能性があります。

手術を終えた直後から三十分間は、目元を冷やして安静にします。軽い出血がある場合は、ガーゼを当てながら冷やすことです。ここで冷やして、むくみをとることが重要です。

抜歯までの五日間は塗り薬と目薬を使用します。また、抜糸までの五日間はまぶたを常に湿らせた状態にしておくことで、傷口が早く回復します。傷口に菌がはいらないように、手を清潔にした状態で、一日三回塗り薬をつかって、傷口を保護することが大切です。これは、抜歯をするまで毎日必ず行うことです。手術後、痛みが生じる方は痛みどめを飲みましょう。

二重全切開の手術後は水にぬらしてはいけません。手術後の翌日か翌々日に行う消毒をしてから、はじめて傷口をぬらしても問題ないをいう状態になります。

血行が良くなりすぎないように注意します。たとえば、激しい運動や湯船につかるということをすると腫れがでてしまったり、内出血が起こってしまったりすることがあるからです。術後二週間は、血行がよくなるようなことは避けましょう。

術後五日までに、患部の腫れや内出血が気になる方は目元を冷やすのと、蒸しタオルなどで温めるのとを交互に行うことが効果的です。蒸しタオルは、水気を含んだタオルを電子レンジで温めるだけで簡単にできるので、この方法は取り掛かりやすいです。

術後六日から九日の間に、抜糸をおこないます。それまでは、化粧は傷口への刺激となってしまうため行ってはいけません。目元のメイクだけを避ければいいのではなく、抜糸を行うまで顔全体として化粧を施すことは禁止です。抜歯後は病院から出されていた塗り薬や目薬を使う必要はなくなります。

抜糸後は化粧をしても問題ないということにはなりますが、依然として肌全体が敏感になっているので普段よりも優しく触れるようにします。タオルで顔の水気を吸い取るときも、こするのではなく、丁寧に顔をタオルで包み込むようにすることです。また、衛生面の問題もありますので、常に清潔なタオルを使います。

名医の条件・上手いクリニックの特徴とは?

大阪で二重全切開をする前に直接、病院に出向き担当する人にカウンセリングをしてからにしましょう。インターネットで評判をチェックするのも参考になりますが、同じ系列であっても店舗によって印象が異なる場合があります。実際に行ってみて、信頼ができるか肌で感じることは重要です。

二重全切開では、特に一重の状態から行う場合には、目の印象が大きく変わるので整形をしたことが、前からの知り合いにわかりやすいです。そのため、なるべく自然な形で目や顔の印象を変えたいときは、その旨を事前に話をすると安心感が異なります。

名医は、施術後の顔や目の印象について説明することを怠らない傾向があるのは、ほんの少しの違いで大きく仕上がりが変わることや、手術をした人が気にすることに配慮することができるからです。

こうしたいというイメージを相談したときに、そんな細かいことは対応できないと投げやりな態度をする医師ならば、他の医師にすぐに変えてしまった方が無難です。

自分がする手術に責任が持てないような態度をする人や、流れ作業のように決まった形で行っていることを感じさせる人は信頼できません。また、心配なことを相談したときに、受ける側の自己責任のように言ってくるケースにも要注意です。

名医の条件は、カウンセリングが丁寧であることです。受ける人がどんな顔になりたいのか術後のイメージ確認をぬかりなく行う病院は信頼度が高いです。

二重全切開の手術を受けるときに不安な気持ちになるのは自然なことなので、それに充分な対応をしてくれるかどうかがポイントです。

また、要望を全て受け入れるのではなく、顔全体のバランスについて意見をしてくれる医師の方が信頼できます。とにかく目を大きくしたいという要望をそのまま受け入れると不自然な仕上がりになる恐れもあるからです。

TVに出演しているような著名な医師に二重全切開手術を頼むことは難しいかもしれないと気後れしてしまいがちですが、人によっては普通に手術をしてくれる場合もあるので、この人に頼みたいと思う方がいるならば、まずは所属している病院に確認してみましょう。

医師の評判・ランキング・おすすめの病院のご紹介はこちらから

美容整形の中でも特に今注目されているのが二重整形です。大きく分けると埋没法と切開法があります。埋没法はメスを使わずに瞼を数か所医療用の糸てとめるだけの簡単な方法で、ダウンタイムもほとんど必要ありませんし抜糸をすることもありませんので気軽に受けられます。

しかしラインは永久的ではなく戻ってきてしまうことも多いので、永久的な効果を期待されるのであれば、二重全切開法がお勧めです。

大阪にもクリニックがたくさんありますし、理想的な目に仕上げてくれるようなクリニックを探すところから始めていきましょう。

それぞれのクリニックで特徴もありますし、満足度の高い所は評判が良かったり、ランキングにも反映されているという特徴があります。二重全切開を行う際の参考にしていきましょう。

とにかく名医と言われている医師は、口コミ評判でも高評価されていますし、ランキングでも反映されている傾向が有ります。満足して手術を受けたいならこういった生の声も参考にしてみる事が大事です。医師の評判・ランキング・おすすめの病院のご紹介はこちらからご相談ください。

目頭切開

名医紹介とご優待紹介状はこちら

失敗患者を減らすため、ドクターごとの失敗確率を集計致しました。最も失敗の少ない名医を全国でご紹介しています。

また、ご優待紹介状を全国の病院に発行しておりますので、有利に治療を受けられます。

「カウンセリングの裏ワザ」「傷跡を少なくするお薬」などもご説明しております。

名医紹介とご優待紹介状はこちら

コメントを残す

*

*