名古屋で二重全切開を受けるなら知っておきたい「名医の探し方」

タレ目形成(グラマラスライン形成)は、下まぶたの皮膚を少し切開して下げて糸で縫合することでたれ目に見せる手術です。手術後は可愛らしく生まれ変われるので、名古屋の美容外科で人気を博しています。ダウンタイムもそれほど長くないので気軽に受けられますが、施術を受けた人の感想からトラブルや後遺症が起こるリスクがあることが分かっています。

タレ目形成(グラマラスライン形成)!名古屋エリアで信頼できるおすすめクリニック!

術後の感想から分かる埋没法のトラブル例・後遺症まとめ

名古屋の美容外科クリニックでは二重全切開法を推奨していてその失敗と防止法についても考察しています。術後の感想として聞かれるのはまず傷が汚い、切開線がガタガタだという事です。それから両目の左右差が気になる、幅が広すぎて不自然だというものもありました。

傷が汚いというと縫い目が下手だという印象がありますが瞼の切開線は綺麗に治りやすいものなので、傷口がガタガタになっているという事は内部処理が稚拙という事です。傷口を癒着させる際に関係ない部位の皮膚や皮下組織を巻き込んでしまうからです。瞼の下の繊細で複雑な組織を綺麗に仕上がるのには優れた医師の技術が必要です。

両目の左右差については、目に限らずあらゆる人の全てのパーツには左右差が元々あります。熟練した医師なら患者さんの仕上がりニーズを読み取り、そのための的確な術式が出来ますしカウンセリングの段階で医師と患者さんが十分に意思疎通を図ります。瞼というのはごく僅かの部分がほんの少しずれただけで印象は大きく変わるものです。どんなに医師と患者さんが合意していても完璧な仕上がりは困難です。そのため名古屋のクリニックでは完全に留めてしまうのではなく仮留めを行い、出来上がりイメージを実際に見てもらってから施術を進めて患者さんの満足度を上げています。

アイプチ等で人工的に二重瞼を作る事は出来ますが、これはメイクと同様の全くの合成物で、素顔で完璧な二重を作ろうとするとかなり不自然なレベルにまで幅が広くなってしまいます。先ほどの左右差でも同じ技法を使いますが埋没法で仮留めをして、仕上がりがイメージどおりか確認をきちんと行わなければいけませんし、そのためには腫れない埋没法技術の処置能力が必要で、レベルの高いクリニックの設備、器具と医師の技術が必要です。

多くの医師は埋没法による二重形成しか習得していないので全切開法をそこで希望すると医師の技術がついていかないという事になります。医師があまりに埋没法だけを勧めて来る場合には医師が全切開法を行なった事がない、経験が浅い場合もあるので要注意です。うまく行かない埋没法を繰り返し受けて目が腫れる後遺症を残しても同じ医師に全切開法を依頼して修正を試みるのは失敗の原因になります。

最初から全切開法に卓越しているクリニック、医師は高度な治療が可能です。全切開法を希望する患者さんのニーズに応えたい医師の意向は理解出来ますが自らの腕をきちんと患者さんに説明して他院に紹介する事に抵抗がないクリニックはいいクリニックと言えます。

名古屋の病院・美容外科クリニック3つの費用をまとめてみた

美容整形を受けようと思ったときに近年は昔ほど美容整形に対して偏見的な考え方は少なくなっており、顔全体を変えるようなものではなく目を二重にしたり、鼻にプロテーゼを入れて高くする程度の整形ならばプチ整形と言われて、ちょっとした休みの間に出来てしますので連休後にちゃっかりしている人もいるかもしれません。

美容整形を受けようと思ったら、一番悩みの種になる可能性があるのが費用の問題です。

美容整形は保険診療ではなく自由診療と呼ばれる物です。

なので病院毎に整形に掛かる費用が変わるのでしっかりと調べてから行くようにした方が良いでしょう。

単純に二重全切開をする場合に、東京や名古屋のような大きな都市部だと美容整形を受けられる病院が多いので迷ってしまいます。ちなみに二重全切開の平均的な費用は250000円から300000円位です。

必要な手術費用がどうしても気になったら、そんな時は口コミサイトや比較サイトを見たりすることで、良い情報があるかもしれません。

また基本的に病院が運営しているその病院のサイトがあるので、そこに細かく値段設定があり、その料金表をしっかりと載せている場合もあるので、きちんとチェックしましょう。

画像ブログ・実際の経験談から分かる注意点まとめ

最近人気の二重のプチ整形は埋没法で、メスを使用せず糸で二重を作っていくためダウンタイムも短く手軽に受けることができます。ただ半永久的な効果はなくじょじょに元に戻ってしまうというデメリットがあります。

一方二重全切開は埋没法やミニ切開などでは十分に腫れぼったさを解消できないような人におすすめの治療法となります。

腫れぼったい目の原因はまぶたの脂肪が多いからで、脂肪が多い場合糸で二重を作っても理想的な二重まぶたにすることはむずかしく、一重に戻ってしまいます。

二重全切開の場合は腫れの原因となる脂肪も取り払うことができますからすっきりとした目元を作り出すことができますし、くっきりとした二重のラインで目をいっそう大きく輝かせることが可能です。

手術はカウンセリングの際に二重のラインでデザインを行っていき、デザインが決まれば局所麻酔を行いデザインをしたラインに沿ってメスで皮膚を切開していきます。

この際まぶたの脂肪が多く腫れが強い場合には必要に応じて脂肪を切除し二重ラインを作るために上眼瞼挙筋から延びる挙筋腱膜を同定し、切開線よりも睫毛側の眼輪筋を切除してしまうと眼を閉じたときに傷跡が食い込んでしまったり窪みやすくなってしまいますから、正しい内部処理を行うことが美しい二重のラインを作り出すためには必要となります。

重瞼ラインを作成するために睫毛側の皮膚から眉毛側の皮膚にかけて極細の糸で4カ所程度皮膚を縫合していきます。
この縫合は表縫いとなりますが1週間後に抜糸をしますから中に糸が残ることはありません。クリニックによっては中縫いをして二重のラインを作るところもありますが異物が表層に残ることになり眼を閉じたときに違和感を感じる場合がありますから、中縫いをしないクリニックの方がおすすめです。

瞼を切開して二重を作る整形にはミニ切開法と全切開法があります。どちらも新しく作る二重のラインに沿って皮膚を切開して二重のライン上の皮膚とその下の挙筋腱膜から瞼板を癒着させることで二重を作ることができます。

ミニ切開法は瞼を1.5~2センチ程度切開して二重を作っていきます。まぶたの脂肪が少ない人ならこのミニ切開法でもくっきりとした二重を作り出すことは可能ですが、脂肪が多く腫れぼったり眼の人は全切開法の方が確実に二重にすることができます。

まぶたが厚い場合短い切開線で切開しても傷跡が食い込んでしまい不自然さが目立つことがあります。

医師の評判・ランキング・おすすめの病院のご紹介はこちらから

二重全切開は失敗した場合の修正が難しくなる手術でリスクがあることを事前に説明し患者さんが納得してから治療に取り掛かるのが上手いクリニックの特徴であり、症例件数も多く半永久的な二重を満足できる仕上がりになるように施術を行ってくれます。

目のサイズや黒目と白目部分の比率に顔全体のバランスも配慮して二重幅の提案を行い、患者の希望も十分に聞いた上でデザインの提案を行ってくれますし、3DCGなどを駆使して仕上がりイメージをわかりやすく伝えてくれるため安心して手術に臨めるでしょう。

名医は二重全切開するラインが二重のラインと重なり目立たなくなるからと言って雑な対応はせず、瞼を閉じたときに傷跡が目立たなくなるように丁寧で細やかな縫合で仕上げるように対応してくれます。瞼が腫れぼったい状態の人が普通に二重全切開してもきれいな形成ができないため、余分な眼瞼内脂肪やROOFの切除を行います。眼瞼内脂肪は切開すると自然に出てきて取りやすいですがROOFの切除は技術が必要で、はさみを奥にまで挿入して切除することになり経験が豊富な名医であればスムーズに切除が可能です。

二重ラインを作る際に挙筋腱膜の辺縁を露出させて処理を行いますが、このとき切開線より睫毛側の眼輪筋は切除してしまうと仕上がりが悪くなったり瞼の機能がうまく働かなくなったりする可能性があるため、名医は適切に判断して切除せず温存してくれます。

縫合する順番が正しくないと二重ラインが崩れてしまう恐れがあり、名医の条件として睫毛側の皮膚に挙筋腱膜さらに眉毛側の皮膚の順番で処理を行うことを徹底しており、極細糸を使い等間隔に縫合する技術を持っていて抜糸までの間目に異物感があらわれないよう中縫いを行うことはありません。

脂肪の切除があった場合は腫れが強く出る傾向があるため、上手いクリニックは二重全切開の手術の時に脂肪を取り除くことになった患者に対しては症状が緩和するように対応を取ってくれます。名医であれば手術時間は30分程度で難症例であっても1時間ほどで手術を終わらせることが可能であるため、体への負担がほとんど無く二重全切開手術を終えることが可能です。

抜糸が終わっても腫れや内出血の回復状態を見るためや感染症がないか仕上がりがイメージ通りになっているかなどを確かめるため、二重全切開の施術後も完成したといえる6か月を経過するまでは患者に寄り添いアフターケアや経過観察を行ってくれるのが上手いクリニックの特徴です。

当相談所では、名医のご紹介を致しておりますので、ご希望の方は下記フォームからお気軽にお問い合わせください。

目頭切開

名医紹介とご優待紹介状はこちら

失敗患者を減らすため、ドクターごとの失敗確率を集計致しました。最も失敗の少ない名医を全国でご紹介しています。

また、ご優待紹介状を全国の病院に発行しておりますので、有利に治療を受けられます。

「カウンセリングの裏ワザ」「傷跡を少なくするお薬」などもご説明しております。

名医紹介とご優待紹介状はこちら

コメントを残す

*

*