美容整形を福岡で!二重全切開が上手いクリニック名医の紹介

二重全切開法は腕の良い医師が行えば、パッチリとした大きな目を作ることができますが、経験の少ない医師により行われると失敗やリスクの可能性が高まります。

修正が必要となってしまった場合、最初の手術よりも難易度が高まるだけではなく、希望通りにならないこともあるので注意しましょう。

二重全切開法の名医かどうかは経験と症例数で判断することができます。

美容整形を福岡で!二重全切開が上手いクリニック名医の紹介

術後の感想から分かる二重全切開のトラブル例・後遺症まとめ

元に戻る心配がない形で、ぱっちりとした二重瞼に変身したいと二重全切開の手術を受ける女性は少なくありません。二重全切開であれば埋没法では難しい厚ぼったい重い瞼の人でも、ぱっちりとした大きな二重瞼に変身可能です。お陰で確実にぱっちり目に変身したいと望む女性が、この手術を希望するケースが多かったりします。

二重全切開の手術を望む女性は多くいるだけに、その要望に応えるべく手術を実行している美容クリニックは多いです。福岡県も例外ではなく、県内にこの手術を受ける事が出来るクリニックは多くあります。なので福岡県内で手術可能なクリニックを探し出す事は、特に難しくはありません。
ただし二重全切開は、それなりに難易度が高い整形手術となっています。

難易度が高めのために失敗のリスクもそれなりにあり、しかも顔の中でも特に目立つ目の手術です。失敗すると人目に付く形で違和感が生じる恐れも高いので、手術を行う前に失敗した際のリスクを把握しておく事をおすすめします。

二重全切開で生じる恐れのあるトラブルや後遺症は、当相談所で術後の感想をチェックすれば知る事が可能です。見掛ける事が出来るトラブル例や後遺症としては、眠たい目付きのまま二重になってしまったというのが多かったりします。

眠たい感じの目付きから、ぱっちりとした二重に変身するつもりで受けたのに不自然な二重瞼になってしまうケースを多く見付ける事が可能です。希望とは違う形で手術を終えると、修正手術を受ける羽目になります。

しかも厄介な事に修正手術を受けても、きちんと修正し切れないケースもあるので注意が必要です。

二重全切開でトラブルや後遺症が生じる原因は、執刀医の技術力不足が主な要因だったりします。実際にぱっちりとした二重瞼を作るには、上手く手術を行った後に形を整えなければなりません。

技術力が低い執刀医だと、調整が上手く出来ずに眠たい感じの目付きに仕上がってしまいます。だからこそ技術力が低い医師がいる美容クリニックでの手術は、避けるべきです。

避ける方法としては、こちらの相談所で福岡の美容クリニックの情報収集を行う事をおすすめします。そうして過去に二重全切開のトラブルや後遺症を起こしたクリニックとして紹介されている所は、避けるべきです。

過去にそういったトラブルを起こしているクリニックは、技術力や手術のやり方に問題がある可能性が高かったりします。そのため再び失敗を繰り返す恐れがあるので、避けるべきです。

福岡の病院・美容外科クリニック3つの費用をまとめてみた

福岡県の西鉄福岡駅から徒歩で行ける場所にあるAクリニック福岡院では、二重全切開に関する施術を実施しています。基本的な切開法では税抜き25万円、ポイント還元1万2500円分となります。気軽にできるマイクロ切開法では税抜き20万円、ポイント還元1万円です。切開部分を指定した目頭切開や目尻切開では、税抜き25万円、ポイント還元が1万2500円でおこなえます。

福岡県の天神南駅からほど近い場所で開業しているB美容外科福岡院では、各種の二重全切開術を施しています。

切れ長の目にしたい方などにおすすめされているのが目頭切開法であり、税込み27万円から、ポイント還元1万2499円分から受け付けています。

それとは別に目頭や目尻を対象とした切開法では、税込み27万円から54万円、ポイント還元1万2499円分から2万4999円分で承ります。手早くできるミニ切開法も用意されており、税込み27万円、ポイント還元1万2499円分で提供しているのです。

福岡県の天神駅付近にあるC美容外科福岡院では、スーパーナチュラル目頭切開法があり、税抜き15万7400円から22万2220円で提供しています。

小悪魔agehaの専属モデルの経験談から分かる注意点・画像ブログ

小悪魔agehaの専属モデルとして、人気の高い吉川ちえさんの二重全切開の経験談からわかる二重治療の注意点としては、特殊な糸を利用する埋没法に比べて、まぶたを全切開する治療方法は二重まぶたの幅を広げるほど腫れが強く出やすい特徴があることです。

切開部分の二重まぶたの幅が広くなるほど、治療後は腫れが特に大きく出てしまうので目がほぼ開けないほど腫れぼったい状態になってしまうので、周りに二重治療を受けたことがバレたくないと思っている方などは、休暇をとり施術後の内出血で腫れや痛みが目立つ1~2日は安静にする時間をきちんととることが重要になります。

また治療を受けたすぐには、傷口の炎症を防ぐためにも激しい運動や、湯船に浸かる事は絶対に行ってはいけません。そのためメイクなども行わずに自宅でおとなしく安静にしておくことがとても大切です。実際に吉川ちえさんも施術後1~2日目まではまぶたが半分開かないほど腫れてしまっていますが、約一週間ほどでまぶたの腫れはひき、皮膚の赤みなども改善していますがまだパッチリとした状態にはなっていません。

整形施術を行ってから約1ヶ月後は腫れも赤みもほぼなく、ぱっちりとして美しい二重まぶたを手に入れることができています。治療を受けてから半年ごとに写真を撮っていますが、約二年たった今でも二重まぶたは綺麗に維持することができており効果が継続していることがわかります。

このことから二重の全切開術は治療後のダウンタイムの症状が目立たなくなるまでには約1週間~2週間ほどかかり、本人の体験からしても約半年はまぶたの腫れと付き合っていかなくてはいけないことがわかるため、ある程度のリスクを許容出来る方は治療を受けることができますが、腫れなどが気になる場合は他の二重治療方法を考えることが重要です。

自分でもしっかりわかるほど強い腫れは約1ヶ月ほど続くので、傷口を炎症させないためにも薬をきちんと服用することや、清潔に保つことがとても重要になります。

傷跡も整形施術直後は、切開後の縫合跡がしっかり見えてしまいますが、約半年後は傷が薄っすらと見えるくらいで目立たなくなりますし、約一年後は傷跡がほぼわからない状態になります。

普段メイクをしている方なら薄く残る赤い線もカバーすることが出来るので、比較的短期間で半永久的な二重まぶたを手に入れることが出来るメリットがあるので、魅力的な目元を手に入れたい方にはおすすめの治療方法です。

医師の評判・ランキング・おすすめの病院のご紹介はこちらから

名医と言われる医師は美容外科の経歴が長く、手術も多くこなしています。特に実績が多いことは必須なので、医師の症例数を確認しておきましょう。

また、名医は技術力だけではなく、美的センスも兼ね備えています。症例写真をチェックし、自分が美しいと思える仕上がりになっているかどうかも確認しておきましょう。骨格にあった二重幅を提案しているかどうかも重要なポイントです。

優れた医師かどうかの判断は最終的にはカウンセリングですることになります。カウンセリングの際に、自分の希望を伝え、希望の二重にできるのかどうか、できない場合はどうしてなのか、どうすればよいのかなどを詳しく丁寧に話してくれる医師を選びましょう。名医と呼ばれる医師は、カウンセリング力もあり、患者の話を良く聞き、一人一人に合った提案をしてくれます。

また、カウンセリングの際に、術後の経過を詳細に説明してくれるかどうかも大切なポイントと言えるでしょう。二重全切開法はメスをいれる手術なので、術後のダウンタイムは長めになります。信頼できる医師なら、ダウンタイムという整形のネガティブな面についてもしっかり説明してくれます。

アフターケア、保障がきちんとした評判の良いクリニックを選ぶことも大切です。一定期間の再手術の保障があり、術前の説明で聞いたより腫れが長引く場合や、痛みが強い場合に再診察をしてくれるクリニックなら安心して任せることができます。

費用相場を知ることも、良いクリニック選びのポイントとなります。美容整形は自由診療に分類されるため、クリニックによって料金に差はありますが、信頼できるクリニックなら、相場から大きく外れた料金設定は行いません。あまりに高額すぎる料金設定をしているクリニックや、安さだけを売りにしたところは避けたほうが良いでしょう。

目元は常に人目に触れるパーツであり、印象を大きく左右します。きれいになるために整形を受けるのですから、失敗は絶対に避けたいところです。そのためには、多少時間や労力がかかっても、いくつかクリニックをまわってさまざまな医師の意見を聞き、信頼できる医師を見つけることが大切です。

目頭切開

名医紹介とご優待紹介状はこちら

失敗患者を減らすため、ドクターごとの失敗確率を集計致しました。最も失敗の少ない名医を全国でご紹介しています。

また、ご優待紹介状を全国の病院に発行しておりますので、有利に治療を受けられます。

「カウンセリングの裏ワザ」「傷跡を少なくするお薬」などもご説明しております。

名医紹介とご優待紹介状はこちら

コメントを残す

*

*