大阪でレッツプチ整形!目尻切開が上手いクリニック・名医のご紹介!

目は顔のパーツの中でも特に人に与える印象に大きく関係をしていますし、細い目をなんとかしたいと悩んでいる人は大勢います。

目を大きくするための美容整形手術は様々なものがありますが、その中でも手術後のダウンタイムが短く低リスクで目を大きくできる手術として人気なのが目尻切開の手術です。

ここでは、目尻切開の関連する失敗例や口コミなどを掲載していきます。

大阪でレッツプチ整形!目尻切開が上手いクリニック・名医のご紹介!

術後の感想から分かる目尻切開のトラブル例・後遺症まとめ

大阪のクリニックで目尻切開の施術を受ける場合、気になるのはトラブルや後遺症があるのかどうかです。

目尻切開は、体に負担も少なく、比較的失敗の少ない施術ではありますが、顔のパーツの形状や体質といった個人差から希望していたイメージとは異なる仕上がりになることもあります。

目尻切開の施術で起こる可能性のあるトラブルには、まず赤い粘膜が見えてしまうことがあります。

元々目尻側の白目の部分が隠れている方のための施術法である目尻切開は、もちろんそれほど白目の部分が隠れていない方には向かないものです。

目尻側のまぶたを斜め上に引っ張り、すぐに赤い粘膜が現れる方は施術後にトラブルが起こる可能性がありますので、しっかりとカウンセリングを受け先生と相談を重ねましょう。

次に、目のバランスがおかしくなったというトラブルもあります。目元は、黒目の位置、目尻目頭側の開口部分の比率やスタイルによって印象がかなり変わってくる部位です。

僅かな変化であっても、事前のデザインをしっかり確認しておかなければ目のバランスを崩してしまいます。

コンピューターによるイメージ作成を行っているクリニックもありますので、こういったクリニックを選択することがトラブルを回避する手段です。

目尻切開で起こる可能性のある後遺症についてはどのようなことがあるのかというと、皮膚を切ったり縫ったりすることで内出血が現れることがあります。

これは、かなりの確率で起こりうる後遺症ですが、時間の経過とともに完治していくため気にする必要はありません。

ダウンタイムの問題で、内出血を抑えたいという方は、内出血が起きた際に止血ケアを迅速に行うことで皮膚変色を抑えてくれるクリニックもありますので、事前にクリニック側へ相談すると良いでしょう。

内出血の他にも、白目がぶよぶよになるという後遺症もあります。目元周りの切開手術を行うと、一時的に白目部分の結膜に浮腫みを生じさせます。

その炎症は、強膜まで広がり白目がゼリー状に腫れたように見えることがあるのです。こういった状態も、内出血同様術後しばらくすると完治しますが、あまりに治りが遅いという場合は再度クリニックに相談する必要があります。

目尻切開は、外科手術で生じる後遺症をそれほど意識する必要はありませんが、イメージ通りの仕上がりにならない等の完成度でのトラブルは起こる可能性があります。

目尻切開についてあなたが得られるメリットを丁寧に説明してくれるクリニックでの施術が大切です。

大阪の病院・美容外科クリニックつの費用をまとめてみた

近年ぐっと身近になった美容整形ですが、この美容整形には顔全体を変えるような大きな物から、目を大きく見せたり、鼻を高くしたりする一部だけを手術する物があり、後者の方はプチ整形等と言われて、メイクの延長線で受ける方も多くいます。

このプチ整形は、費用も手頃で入院日数も少ないので、ちょっとした休みの間に受けることが出来るので人気があります。

しかしそうはいってもプチ整形を考えている方の中にはどのような手術があって、どの程度の費用が必要なのか不安に思っている方も多くいらっしゃるのです。

まず美容整形というものは、保険診療ではなく自由診療という、病院で料金が決められています。保険も適用されません。ですから完全に自費になります。一番オーソドックスな目尻切開というプチ整形の費用は平均すると200000円程度です。

これはあくまでも平均的な金額なので、これより高いところも安いところもありますが、大阪や東京等の大都市には多くの病院があるので大変ですが、これは病院毎にあるホームページから調べることが可能です。

また手術の腕に関しては、口コミサイトを見てみるのも参考になります。ただ、一方的な意見も多くあるので完全に鵜呑みにしないようにしましょう。

画像ブログ・実際の経験談から分かる注意点まとめ

目尻切開手術はその名の通り目尻を切って目を大きくする手術であり、手術時間はおよそ1時間から1時間半程度で済むため、患者にとっては負担の少ない手術といえます。

しかし目尻切開にはもちろんそれなりのリスクが伴いますし手術にも一定の負担を背負う事になります。目尻切開手術の経過や手術の前後に気をつけることについて解説を行っていきます。

まず手術を受ける前に知っておくべきことについてですが、手術の際には局所麻酔を利用するため激しい痛みを感じるリスクは低いのですが、麻酔を打つ箇所が目尻ということもあって麻酔を打つ際に人によっては強い痛みを感じることがあります。

手術後には患部に塗る軟膏薬や痛みを和らげるための痛み止めなどが処方されるのが通常であるため麻酔が切れた後の心配もさほど必要ないのですが、人によっては痛み止めを飲んでも痛みや違和感を感じることがあります。手術後にはゆっくりと休めるように予めやるべき仕事などは済ませておき、手術後のスケジュールは完全に空けておくことをおすすめします。

手術後には目元が腫れた状態のなっていますし、目の周りには糸が入った状態になっています。目元の腫れについては手術から3日程度で引きますが、抜糸については手術から少なくとも1周間が経過した後に行われるため、抜糸が済むまでの1週間は激しい運動などは避けて安静に過ごす必要があります。

目の周りはテーピングで保護しますがなるべき患部を刺激しないように細心の注意が必要ですし、小さな子どもがいる家庭では子どもに患部を叩かれたりしないように気をつけましょう。

洗顔については手術を受けた翌日から水洗いで洗うことは大丈夫ですが、くれぐれもお湯を使わないようにすることが肝心です。お湯で洗顔をすると患部周辺の血行が急激に促進され患部から出血したり内出血が起きる危険性があるため患部周辺を温めすぎないようにすることも大切です。

なお抜糸をした後には石鹸を使っての洗顔も大丈夫になりますし、メイクをしてもよしとされるので、抜糸までは我慢することが重要になると考えられます。

名医の条件・上手いクリニックの特徴とは?

目尻切開は目尻を数ミリ切開することで、より大きくて自然な目にすることができるということで、人気の美容整形手術となっています。

たれ目やつり目などのコンプレックスを持っている場合には、目尻切開を行うことでやさしい目元にしていくことが可能となります。

ただ目頭切開は蒙古飛騨を切開することで目の横幅を大きく変化させることができますから、確実に術後の変化を実感することができますが、目尻には蒙古ひだなどによって隠されている涙丘のような構造はありませんから、もともと隠れている部分が少ない人の場合、目頭切開ほどの変化はみられないというデメリットもあります。

そのほかにも目尻部分は上まぶたのまつげや皮膚で隠れやすい部分のため隠れてしまうということもあり、変化をあまり実感できない理由にもなっています。

このように、目尻切開は誰にでも効果がある美容整形ではなく、最低でも白目が1.5ミリ以上は隠れていないと手術をしても効果が実感できないといえます。

上手な医師というのは、事前のカウンセリングできちんと手術に適しているかを判断し、効果があまり実感できないタイプの場合には、上下方向へと引っ張りあげるグラマラスライン手術もすすめてくれるはずです。

このグラマラスライン手術は下方向へ目を大きくする効果がある手術で、目尻切開と組み合わせて行うことでより大きな相乗効果を得ることができます。

目尻切開を行うと通常なら目尻にあるはずのグレーラインが途中で途切れてしまい、まつげも生えなくなります。それほど目立つ変化ではありませんが、事前にこのことを知らずに手術を受けてしまいあとでショックを受けるという人もいますから、きちんとデメリットなども説明してくれる医師を選ぶことが大切です。

目尻切開を失敗してしまうと効果があまり実感できないだけではなく、下三白眼になってしまったり後戻りしてしまう・アカンベー状態になるなどの症状が起こり、修正手術が必要になる場合もあります。

特に、医師の技術だけではなく美的センスも大きく問われる手術ですから、事前に3Dカウンセリングなどをし効果がどのくらいあるかを診断してくれる医師やクリニックを選びましょう。

これから目頭切開の手術を受けようと思っている場合は症例数が多く、きちんとカウンセリングで診断をしてくれる医師を選ぶと安心です。
失敗したくない場合には、拡大切開ができる医師を選択することをおすすめします。

更に実際の体験者からヒアリングした口コミをチェックし、その中から出来るだけ口コミ評価の高いクリニックを選び出します。

口コミは、実際にその美容クリニックで目尻切開の手術を受けた人が書き込んでいるのが基本です。手術が上手いクリニックならば、当然の様に口コミ評価も高くなるので口コミチェックは有効的だと言えます。

医師の評判・ランキング・おすすめの病院のご紹介はこちらから

大阪の顔の整形でも人気がある施述が目尻切開です。目元は見た目の印象を決めるのに重要な部位ですが、手術を成功させるためには出来る限りリスクがなく、経験豊富でレベルが高い病院選びが欠かせません。

情報を前もって提供しているクリニックでは、総費用込みの料金が明確に記載されていて初診料とカウンセリング費用などは無料なところもあります。

あらゆる美容をトータルサポートするには、最新機器の導入やベテラン医師が在籍していることも必要です。美容外科にこれまで行ったことがない人にとって、いきなり施術を受けたり行くだけでもかなり勇気がいります。

そんな場合でも気軽に悩みや気になることなどを相談できるので、まずは話だけからカウンセリングを受けてみることから始められます。

よく情報をネットや雑誌などから集めてから気になる病院を選んでいくという方法が言われていますが、実はこれが難しくネット等では情報がたくさんありすぎて逆に迷うこともあります。

広告がたくさんあって、独自の方法や有名人が専属に通っていると宣伝しているからといっても安心できるとは限りません。
中にはプチ整形ぐらいの技術力がなくても、美容外科を提携しているクリニックなどもあります。最近は医師免許さえ取得していれば少し覚えた程度のレベルで開業している医師も増えています。

美容整形は自由診療になるため、それぞれ独自にクリニックが料金を設定していて一律ではないです。自由設定ですが、どの商品やサービスにも一般的な価格があり料金が高額だからといっても必ず施術も優れているとはいえません。逆に格安料金で全国展開しているクリニックなどもあったりしますが、価格が安いなりに理由はあります。

料金を下げると、治療で使っている素材がよくなかったり、若い新人の医師ばかりいたり、手術も丁寧でなく時間を短縮していたりしています。あまりにも料金が安いところは避けた方がよいです。

他にも広告だけ安くしていて、カウンセリングで説明を受けると料金が高くなるという場合もあったりします。
きちんとした手術は時間がかかります。

広告で激安で施術を行なっているクリニックだと効果がないということも珍しくありません。その場合は、施述時間もかなり短時間で効果がなかったと伝えると体に負担がかかるためと言われたりします。

優秀な医師でも患者との相性があり、患者の価値観が伝わって共有をしないと長く安心して付き合っていくことは難しくなります。相性が良い医師と出会うためには、3つくらいの違うタイプの気になるクリニックを絞り込んで実際にカウンセリングを受けてみて相談するのが一番わかります。

大阪で目尻切開の名医やおすすめの病院を相談所では紹介しています。気になることがありましたらご相談ください。

目頭切開

名医紹介とご優待紹介状はこちら

失敗患者を減らすため、ドクターごとの失敗確率を集計致しました。最も失敗の少ない名医を全国でご紹介しています。

また、ご優待紹介状を全国の病院に発行しておりますので、有利に治療を受けられます。

「カウンセリングの裏ワザ」「傷跡を少なくするお薬」などもご説明しております。

名医紹介とご優待紹介状はこちら

コメントを残す

*

*