目頭切開のダウンタイムはメガネでカバーできる?おすすめの過ごし方!

目頭切開で失敗したくなければクリニックやドクター選びは慎重に行う必要があります。ドクターの美的センスやデザイン力をチェックするために、症例写真を見て決めるという人も多いのではないでしょうか。術後の経過の写真を掲載しているところも多いので、ダウンタイムが気になる人も参考にしていると思います。

しかし、症例写真だけを全面的に信用するのは危険です。というのは、多くの場合は、成功した場合の写真しか載せないからです。

失敗してしまった人や、仕上がりに満足のいかなかった人がいるにも関わらず、失敗談は決して掲載しません。
そのため、症例写真を信じて手術を受けたのに、傷跡が残ってしまった、凹凸ができてしまった、などと症例写真に騙された人はたくさんいます。

さらに、画像加工技術を駆使して症例写真を加工している可能性もあります。症例写真は一種の広告だと考えた方が良いでしょう。

目頭切開のダウンタイムはメガネでカバーできる?おすすめの過ごし方!

続きを読む

目頭切開のデメリット、顔が中心に寄る現象

欧米人のようなぱっちりとした目は日本人女性の憧れです。そのため最近はアジア人の特徴でもある蒙古ひだを切開してぱっちりとした目にする目頭切開という手術方法が流行っています。

しかし顔立ちによっては不自然に見えてしまうことがあり、注意が必要です。
解説いたします。

目頭切開のデメリット、顔が中心に寄る現象

続きを読む

目頭切開のデメリット、二重にはならない(埋没法や全切開併用のコツ)

目頭切開という手術は繊細で難しい手術方法です。目頭切開の実績が多く、また万が一の事を考えて修正もしたことのある医師がベストです。
目頭切開も難しいのですが、修正手術のほうが更に難易度は高いので、修正手術ができる医師は腕がいい医師を見極めるコツになります。

目頭切開のデメリット、二重にはならない(埋没法や全切開の併用)

続きを読む