東京で二重全切開をする際の名医・上手なクリニック選び

東京でお悩みの方へ!二重全切開施術、おすすめのクリニックの条件をまとめます。

今美容整形で一番人気があると言われているのは二重整形です。特にぱっちりとした目を永久的に維持したい場合には、埋没法という糸で数か所留める方法よりも、二

重全切開と言ってメスでまぶたを切開して糸で縫合するという方法の方が良いでしょう。東京にもクリニックが多数ありますので、クリニック選びから始めていきましょう。

理想的なクリニックは名医と言われてる実績のある所で、症例数もたくさんありますので安心して任せる事が出来ます。

大阪の二重全切開、おすすめクリニックと名医のご紹介

術後の感想から分かる二重全切開のトラブル例・後遺症まとめ

二重全切開によるトラブルが起こる確率は、医師の技術に左右されます。なかでも二重全切開をしたことで起こりやすいトラブルとして、二重の線が強く不自然になってしまったケースや、線自体が薄くなり整形手術をした意味がなくなってし舞うケースがあります。また、手術部位の腫れが長引き数ヶ月を経過してもむくみが取れないということも起こり得ます。

ただし、注意点として二重の線を作る場所によって腫れている期間が異なるため、一概に腫れている期間が長いことが医療トラブルとつながらないので、手術後の状態に関しては担当医師から受ける説明のさいに詳細な内容を聞きましょう。

二重全切開を受けた後に失敗だと感じたら、迷わず担当した医師に相談をすることが大切です。とくに二重の線の幅によって顔の印象がかわります。

二重を大きくしたことによって逆に目が小さく見えてしまったり、顔のメリハリのバランスが崩れてしまうことで不自然な印象になったりもしてしまうため、本来はカウンセリング時のシミュレーションが大切です。

細かく慎重にシミュレーションをしても絶対に医療事故や失敗が起きない保証はないため、希望する目元とは異なる状態になった場合のクリニック側の対応を確認し、対応内容に不明点があれば事前に質問をしておきます。

また、繊細な手術内容になるため、二重全切開の手術を受けるにあたっての手術方法にも目を向けてみましょう。

手術方法を大きく分けると、顕微鏡を使用したタイプと肉眼でおこなうタイプ、拡大鏡を使用するタイプに分けることができます。

このなかで適した方法は顕微鏡を使用したタイプです。得手不得手があるため、医師によって手術方法が異なります。そのため、手術方法でどのタイプを選ぶのかをカウンセリング時に確認し、症例写真なども含めて様々な角度から担当する医師の技術面をみましょう。

これらの注意点や確認事項をしっかりとしてもトラブルが起きる可能性がないとはいえないので、あらかじめ失敗した時に同じ美容整形クリニックで再度手術を受けるか、他の美容整形クリニックに行くか決めておきます。

とくに失敗したと感じた部分をメモし医師に明確に伝えることが大切です。

また、他のクリニックの医師に説明するときも失敗したからこうして欲しいという意見をわかりやすく説明しましょう。東京などの美容整形クリニックでも修復手術を得意とするところもあるので、同じところで手術をしなおすかよく考える必要があります。

東京の病院・美容外科クリニック3つの費用をまとめてみた

まず、東京で二重全切開の美容外科として有名なのは「A美容外科」と言う名前の美容外科クリニックです。

このクリニックで行われる二重全切開は局部麻酔を使用した60分程度の施術で、入院をすることなく受けることができます。

気になる料金は片目が210,000円で両目になると350,000円ですが、院長に施術を希望する場合は、通常料金の1.5倍の費用が必要になります。

次に東京にある二重全切開が受けられる美容外科クリニックは「Bクリニック」です。高須クリニックは誰もが知っている有名なクリニックです。

こちらでは手術自体は30分程度の時間で終了して入院も必要がありません。

費用は片目が125,000円(税抜き)で両目が250,000(税抜き)となっています。施術後は目が腫れているので、帰宅時に目を隠したい方にはサングラスを1,000円で販売しています。

他にも東京で二重全切開を受けられるのは「Cクリニック新宿南口院」で、こちらも有名なクリニックですが、費用は両目のみの費用で191,560円となっていて分割払いも可能です。

経験談から分かる注意点・画像ブログ

二重全切開は、まぶたをメスで切開して二重のラインを入れる事でパッチリとした目に仕上げる事が可能です。

東京の美容外科ではきれいになる事ができるので人気ですが、仕上がりをよくするには画像ブログや実際の経験談から術後いくつか注意すべき点があることが分かります。

まず実際の経験談から、術後、数日くらいは患部に軽くジンジンする程度の痛みがある事が分かります。ただ日常生活でほとんど気にならないレベルの痛みなので、痛み止めなどの薬の必要は無いということです。

ただ施術した当日に気をつけなければいけないのは、患部を水などで洗わない事です。施術直後というのは患部が繊細な状態なので、水で刺激を加えると強い痛みを感じてしまいます。

なので、汚れがどうしても気になる場合は施術当日だけは軽く濡れタオルなどで拭くといいです。水洗いでの洗顔は翌日から可能となります。そして、抜糸してその翌日から石鹸での洗顔が可能となります。

その他の注意点は、施術後はなるべく患部を触らないようにすることです。

そもそも二重全切開の手術後は患部は糸で縫った状態です。この糸を抜糸するのはおよそ1週間後となるので、つまりそれまでは糸が付いたままになるというわけです。糸がまぶたについているとなると、どうしても気になって触ってしまいがちです。

ただ触ると刺激となって腫れるリスクもあるので、なるべく触れない事が大事です。それと、画像ブログ・実際の経験談から、術後は内出血は出るという副作用があることが分かります。

ただし、ほとんどの場合は軽い内出血で抜糸までの1週間で目立たなくなります。この内出血を化粧で隠そうとする人が多いですが、基本的にメイクは抜糸した翌日から可能となります。

もしも抜糸していない状態でメイクをすると感染を引き起こす恐れもあるので、注意するべきです。

その他に注意すべき点を挙げると、施術から1週間後の抜糸の後のことです。抜糸後、患部の傷跡が気になるからと言って触っていじったり、ゴシゴシ擦る等してはいけません。

このように強い刺激を加えると、傷がなかなか治らずに却って目立つことになります。

また、皮膚の凹凸や赤みなどの原因となってしまいます。なので、傷は極力触らないようにして、顔を洗う時もシャワーの水圧などで汚れを落とす程度にした方が良いです。傷というのはおよそ1ヶ月かけて徐々に治っていくので、その期間は特に気をつけたほうが良いです。

名医の条件・上手いクリニックの特徴とは?

理想の二重瞼を手に入れたい方や腫れぼったい目の上の脂肪を取り払いたい方は東京の美容整形クリニックで二重全切開手術を行うことで理想の二重を手に入れることができます。

全切開とは非常に瞼が腫れぼったくてミニ切開では十分に脂肪を取り除くことができない人に最適です。

二重瞼にするにはヒダの予定線を切開した脂肪を除去して内部処理を行った後縫い合わせます。

施術時間は30分程度で一重に戻る心配はありません。瞼の薄い部分にある皮下脂肪のROOFなどの内部処理が同時にできるため最もきれいな二重形成ができます。しかしこのROOFまで切除できる医師はほとんどいないのが現状です。

切除できなければ瞼の厚ぼったさが取れない二重になってしまいますので無理やり二重瞼を作ったようなラインになってしまいます。一般的に幅広い二重にするほど瞼の厚ぼったさが目立ってしまいます。

そのため理想の二重にするには瞼の薄い部分の皮下脂肪を取らなければなりません。

この瞼の上の薄い皮下脂肪を取り除くことができれば、厚みがとれてすっきりしてきれいな二重になります。その費用の相場は250000円程度であまり大きな開きがあったら他のクリニックと比較してみましょう。

リスクの多いものは二重が不自然でラインが薄かったり深すぎたり、傷跡が目立ってしまったり、瞼が厚ぼったいなどのトラブルが多いようです。

一番目立つところのためカウンセリング時に術後の予想図などで仕上がりを確認してダウンタイムやアフタケアなどの説明やリスクなどの対処法も事前に話し合って納得して手術ができる医師やクリニックを選択することが重要になります。

時間ばかりを気にして手術の内容を簡単に一方的説明するだけ終わるようなクリニックは避けた方がよいでしょう。

そしてCMできれいで痛みがなく理想の二重が簡単に手術ができるなどと謳っている人気のクリニックでも実際は多くのトラブルが発生しているのが事実です。形成外科医が研修で全切開を習いますが、そり以上に技を使いこなせる医師は非常に少ないのが現状です。

よりクオリティの高い先生を選ぶには、傷跡を綺麗にできる医師で極細糸、傷跡クリーム、傷跡を少なくする薬などを使って傷跡を最小限にしてくれる名医を選ばなければなりません。

様々な情報を集めクンセリングの対応や症例数の多い名医や設備や機器が最先端のクリニックを、名医紹介所などに問い合わして探し出すことが重要です。

医師の評判・ランキング・おすすめの病院のご紹介はこちらから

美容整形の中でも特に今注目されているのが二重整形です。大きく分けると埋没法と切開法があります。埋没法はメスを使わずに瞼を数か所医療用の糸てとめるだけの簡単な方法で、ダウンタイムもほとんど必要ありませんし抜糸をすることもありませんので気軽に受けられます。

しかしラインは永久的ではなく戻ってきてしまうことも多いので、永久的な効果を期待されるのであれば、二重全切開法がお勧めです。

大阪にもクリニックがたくさんありますし、理想的な目に仕上げてくれるようなクリニックを探すところから始めていきましょう。

それぞれのクリニックで特徴もありますし、満足度の高い所は評判が良かったり、ランキングにも反映されているという特徴があります。二重全切開を行う際の参考にしていきましょう。

とにかく名医と言われている医師は、口コミ評判でも高評価されていますし、ランキングでも反映されている傾向が有ります。満足して手術を受けたいならこういった生の声も参考にしてみる事が大事です。医師の評判・ランキング・おすすめの病院のご紹介はこちらからです。

目頭切開

名医紹介とご優待紹介状はこちら

失敗患者を減らすため、ドクターごとの失敗確率を集計致しました。最も失敗の少ない名医を全国でご紹介しています。

また、ご優待紹介状を全国の病院に発行しておりますので、有利に治療を受けられます。

「カウンセリングの裏ワザ」「傷跡を少なくするお薬」などもご説明しております。

名医紹介とご優待紹介状はこちら

コメントを残す

*

*