東京で眼瞼下垂!おすすめの病院と名医のご紹介

魅力的な二重まぶたに憧れている女性は多く、一重まぶたに深みのある二重のラインを作る方法として二重化粧品を利用している女性は少なくありません。

しかしデリケートなまぶたにプッシャーなどを押し当てるのは小じわや皮膚のたるみの原因となるので、最近では東京にある美容整形外科や美容外科クリニックに相談をして二重の形成術を受ける女性が増えてきています。

しかし二重まぶたの治療を行う際に、眼瞼下垂の状態だとせっかく二重のラインを形成しても二重の食い込みが小さくなってしまい、ぱっちりとした瞳を手に入れることができなくなってしまいます。

そのため眼瞼下垂の症状がある方は、二重治療を行う際に並行して眼瞼下垂の治療を行うことが必要となります。

しかし糸を利用する二重治療とは異なり、眼瞼下垂の治療はデリケートなまぶたを切開する必要があるので、技術力の高いドクターがいる美容整形外科や美容外科でカウンセリングを受けて治療を受ける必要があります。また実際に経験をした方の経験談を参考に、眼瞼下垂の治療を受ける上で注意することを把握しておく必要があります。

東京エリアで理想のお鼻に!どんな病院で眼瞼下垂治療するのがおすすめでしょうか。
見ていきましょう。

東京で眼瞼下垂!おすすめの病院と名医のご紹介

術後の感想から分かる眼瞼下垂のトラブル例・後遺症まとめ

まぶたが垂れてしまった状態を改善するためには、眼瞼下垂の手術をおこないます。眼瞼下垂の整形手術をしたさいのトラブルとして、整形後のつり目があります。

つり目になってしまう原因は、無理なまぶたの引き上げです。大きくパッチリ目にしたいという患者側の希望通りにおこなってしまったり、医師の知識や技術的な問題で起きてしまうこともあります。

患者側が希望する目の完成形態と、年齢やまぶたの形状、元の目の形状を考えたさいに引き上げる度合いや部位をすり合わせて考えるための知識が必要です。

また、正面を向いた状態での黒目の位置やまぶたの筋肉のどの部分が強く働きやすく、逆に弱いのかなどの詳細な部分まで考慮したシミュレーションが求められます。

そのため、知識やそれに伴う技術をもつ方が在籍しているクリニックを選びましょう。

眼瞼下垂の整形手術でつり目になってしまった場合は、再度手術をすることが可能です。

ただし、手術内容によっては元の状態に近づけることはできても本来の目の形状に戻すことが難しいこともあります。

また、修復手術を受け付けない美容整形外科クリニックも存在します。

トラブルが起きる可能性も考慮して、手術前のカウンセリング時に失敗した際の修復手術は可能かという点や、その場合の料金などを確認しておくといいでしょう。

同じ美容整形外科クリニックで修復手術を受けたくない場合は、修復手術が可能なクリニックを探すことになります。新たにクリニックを探す方はいくつかの注意点を意識しましょう。

特に注意する点として症例写真や実績件数が把握できるかどうかを確認しましょう。

症例写真はいわばクリニックの看板に近い役割があります。

担当した医師の技術がどの程度なのかを把握できるだけでなく、自分の目の形状に近い症例が見れば自分なりにシミュレーションもできます。

次に注意したい部分は、カウンセリング時の説明に不透明な部分がないかという点です。

顔の重要部分となる手術で2度目のトラブルが起きないように前回の手術の何が良くなかったのか、今回の手術で気をつけておこなう部分はどこかなど詳細な説明を求めましょう。

眼瞼下垂の美容整形をおこなうクリニックは東京でも容易に探すことができます。自分に合ったクリニックを十分な時間を使って探し、トラブル防止に努めることが大切です。

そのためには、カウンセリングを受けた時にある程度の起こりやすいトラブルやその後の処置の内容まで知っておきましょう。

東京の病院・美容外科クリニック3つの費用をまとめてみた

東京で眼瞼下垂の施術を希望する場合は「A美容外科」で施術を受けることができます。施術方法は挙筋短縮法で局部麻酔を使用した約15分程度の施術となっていて入院も通院も不要です。費用は片目が330,000円(税抜き)で両目が550,000円(税抜き)となっているが、院長先生に施術を希望する場合は通常の費用の1.5倍となります。

次に東京で眼瞼下垂の施術を受けられるクリニックと言えば「Bクリニック」です。B

クリニックは誰もが知っている有名な美容外科クリニックで、施術は約30分程度でその日のうちに帰宅することが可能です。気になる費用は通常手術と筋膜移植の2つがあって、通常手術の片目は350,000(税抜き)で両目が700,000(税抜き)となっていて、筋膜移植の場合の片目は550,000(税抜き)で両目なら900,000(税抜き)となっています。

他にも東京で眼瞼下垂の施術を受けられるクリニックは「Cクリニック新宿南口院」で、費用は眼瞼下垂にプラス二重の手術で片目が254,680円(税込み)で両目が427,770円(税込み)で受けることができます。

画像ブログ・実際の経験談から分かる注意点まとめ

実際に眼瞼下垂の治療を受けた方の中には、先に全切開タイプの二重治療を受けたところ、眼瞼下垂が原因で片目だけ二重の食い込みが小さくなってしまい、まぶたが落ちてパッチリとした目元にならなかったトラブルが起こります。

これはクリニックによっては患者のまぶたの状態を見て、眼瞼下垂と二重切開の治療を合わせて行う場合もあるのですが、美容整形外科によっては仕上がりのシミュレーションが十分にできていないことで、二重切開の治療しか行わず仕上がりが納得できない状態になってしまった事が原因となります。

そのため実際に二重切開の治療を受けようと思っている方は、治療実績が高い大手の美容外科に相談をすると、カウンセリングの際に画像を元にどのような仕上がりになるのかシミュレーションをしてくれるメリットがあるので安心です。

眼瞼下垂の状態だと、二重切開のラインがくっきり見えてしまい周りに美容整形を受けたとバレバレになってしまうので、ぱっちりとした瞳を手に入れるためにも信頼のおける美容整形外科や美容外科を探して治療を受けることが重要です。

場合によっては保険診療が適用になる場合があるので、自分の症状はあっているのかカウンセリングを通じて医師に相談をしてみると、場合によっては保険適用で費用を安くすることも可能です。

名医の条件・上手いクリニックの特徴とは?

眠たそうな目の印象を改善したいという思いを抱えていたり、目力をもっと強くしたいと考えている人におすすめな美容整形の施術の一つ「眼瞼下垂」ですが、東京エリアには沢山のクリニックが存在しているのでどこで施術を受ければ良いのかが分からない人も決して少なくありません。

ましてや東京エリアは日本という国の中心ですから、インターネットで評判や口コミを調べただけでは実際にどこのクリニックが上手いのかは分かり難く、名医というような人も見つけ難いという状況があります。

しかし、顔に対して行う美容整形の中でも比較的簡単と言われている眼瞼下垂でも、やはり大切な自身の体を預けるのですから、信頼できる場所や人にお願いしたいと考えるのは当然のこと。この要望を叶えるためには、一体どのような条件で探せばよいのでしょうか。

眼瞼下垂の名医の条件としては、安易に施術を勧めてこないというものが一つ挙げられます。今やSNSサービスも普及したことで、人々の美意識は一昔前に比べてかなり高まっており、眼瞼下垂くらいならばやって当たり前というような意識も広がりつつあります。

けれど、いくら簡単なものといえども体の一部分を切ることには何ら変わりありませんから、ダウンタイムだってあります。

メリットも多くありますが、デメリットだってあるということです。この部分をよくよく理解したうえで患者の立場に立ち、思いやりを持って施術を行える医師というのは、むやみやたらに施術を行うことをすすめてはきません。

むしろデメリットについてもしっかりと分かりやすく説明し、患者に十分知ってもらってからやるかどうかを決めてもらいます。利益主義の医師ですとデメリットについての説明も適当なまま施術を勧めてきますから、注意しましょう。

また、名医は患者とのコミュニケーションを非常に大切にしている傾向が強いというのもポイントです。患者のなりたい顔について医師がしっかりとイメージできていればいる程に理想通りの顔となれますから、この部分も条件と考えて良いでしょう。

上手いクリニックかどうかを判断するための特徴はというと、院内の清掃が行き届いていて、尚且つ清潔感時感じられる場所であることが挙げられます。

他にもスタッフの挨拶がしっかり出来ているような場所は、教育が行き届いている証なので安心して利用できます。インターネットでクリニックのホームページを見た時に、方針について具体的なことが書かれているというのも上手いクリニックの特徴です。

医師の評判・ランキング・おすすめの病院のご紹介はこちらから

眼瞼下垂とはまぶたを開く筋肉が機能せず、思うように目を開けない症状です。軽度の場合は日常生活に支障をきたしませんが、中度の場合は眠たそうな目つきになります。

また二重のラインが出にくくなったり、奥行がない目元になってしまいます。浅いラインのようになると、顔のシワが目立つことの要因ともなります。

そして、眼瞼下垂が重度になると、偏頭痛が頻発することもあり、作業効率の低下を招くこともあります。何より生活面に支障をきたすことが多くなり、通常の生活を送るのが困難になるわけです。

まぶたというものは眼球を保護する専用の蓋で、眼球は乾燥に弱いのでホコリの侵入で傷つく恐れがあります。それ故、就寝中はまぶたは閉じっぱなしになり、目を保護しています。

一方、日中はまばたきによって、眼球表面の湿潤環境が維持されています。そして、まぶたを引き上げるのが、挙筋と呼ばれる筋肉です。

眼瞼下垂はまぶたを引き上げる挙筋が上手く機能しないため、まぶたが思うように上がらない症状となります。正常な場合は目を開くとまぶたがあがりますが、眼瞼下垂の場合はそうなりません。この症状の東京での治療法としては、挙筋短縮法があります。

この治療法にも2つのやり方があり、挙筋の一部を切除する方法と補助糸を使う方法となります。名医は患者の症状に応じて、最適な方法を採用することが出来ます。先ずは美容医療の専門医がカウンセリングを行い、患者の悩みを丁寧に効いてくれます。

専門医がカウンセリングを行うので、無理に手術を勧めることはないわけです。

当相談所でご紹介している、信頼のあるクリニックでは、複数の医療スタッフを配備しており、すべての工程が丁寧に行われます。何よりも、安全を最優先した環境が整備されており、経験豊富な医師が責任を担っています。学会認定の専門医も多数在籍しており、麻酔薬や注入法にもこだわりがあります。

眼瞼下垂治療でおすすめのクリニックでは、アフターケアも充実しています。手術後の検診では術後の経過が順調かどうか判断します。治療料金に関してはクリニックによって異なりますが、だいたい40万円くらいが相場となります。

手術時間は平均して約30分で、通院回数は3回くらいで済みます。回復に要するダウンタイムは人によって違いますが、一般的には5日から2週間ほどです。

実績が豊富な美容クリニックであれば、カウンセリングを受けた当日に治療を受けられます。眼瞼下垂の治療には高度なスキルと経験を要するので、形成外科出身のベテランを選ぶことが肝心になるわけです。

また、当相談所でご紹介している、信頼できるクリニックでは追加料金も発生しないので、安心して相談することができると言えます。

目頭切開

名医紹介とご優待紹介状はこちら

失敗患者を減らすため、ドクターごとの失敗確率を集計致しました。最も失敗の少ない名医を全国でご紹介しています。

また、ご優待紹介状を全国の病院に発行しておりますので、有利に治療を受けられます。

「カウンセリングの裏ワザ」「傷跡を少なくするお薬」などもご説明しております。

名医紹介とご優待紹介状はこちら

コメントを残す

*

*