タレ目形成(グラマラスライン形成)!名古屋エリアで信頼できるおすすめクリニック!

タレ目形成(グラマラスライン形成)は、下まぶたの皮膚を少し切開して下げて糸で縫合することでたれ目に見せる手術です。手術後は可愛らしく生まれ変われるので、名古屋の美容外科で人気を博しています。ダウンタイムもそれほど長くないので気軽に受けられますが、施術を受けた人の感想からトラブルや後遺症が起こるリスクがあることが分かっています。

タレ目形成(グラマラスライン形成)!名古屋エリアで信頼できるおすすめクリニック!

術後の感想から分かる埋没法のトラブル例・後遺症まとめ

タレ目形成(グラマラスライン形成)で最も多く見られるトラブルが、目が左右非対称になってしまうというものです。

たとえば、片方の目が大きく開いている状態で、もう片方は少し目尻が下がっているような状態になる可能性があるということです。施術した直後は、メスで切開した影響で目の腫れがひどく、左右の違いに気づかないことが多いです。ただ時間が経過して腫れが引くと、目の大きさが違う事が一目で分かります。

その他のトラブルというと、施術後に目の赤い粘膜がはっきりと見えるようになるというものもあります。

つまり、外反という目の結膜が裏返ってしまっている状態の事です。腫れが引いて時間が経てば元に戻るだろうと考える人が多いですが、結局そのままの状態だったという声が少なくないです。そのまま放置すると目が乾燥して視力が落ちてしまうので、早急にクリニックで治療を受ける必要があります。

さらに、術後に三白眼になってしまうトラブルも多く見られます。そもそも三白眼とは、黒目の左右や上下の部分の白目が大きく見えている状態です。いわば、黒目に比べて白目の面積が広くなっていることです。これは、医師の腕が未熟で施術の際に目尻を必要以上い下げてしまう事で起こります。このケースも早急な修正治療が必要となります。

それと、術後の感想から、グラマラスライン形成施術を受けたのに全く効果がないというトラブルも多く見られています。変化がない理由は、施術前に担当医ときちんとカウンセリングを行わなかった可能性が高いです。手術前にデザイン設計をきちんと行ってくれるクリニックならば、このような失敗は防げます。

また、施術後に患部に腫れと内出血が残ってしまってダウンタイムが想定していたよりも長引いてしまうトラブルも多いです。これは、医師が内部組織を大きく傷つけてしまったり、レーザーでの止血をきちんと行わなかった事が原因です。

このようにタレ目形成(グラマラスライン形成)にはリスクや後遺症が起こるリスクが伴うので、きちんとカウンセリングをして納得して施術を受ける事が大事です。

名古屋の病院・美容外科クリニック3つの費用をまとめてみた

タレ目形成は、グラマラスライン形成や下眼瞼下制術といわれている、下まぶたの外側を下に下げる手術です。

表側から切開して余分な皮膚も切除する方法、裏側から皮膚の切除をする方法、裏側から皮膚の切除をしない方法、糸だけで行なう方法の4つの術式があります。

名古屋でタレ目形成の手術を行なえる美容外科クリニックによって、料金や術式も異なります。

Aクリニック名古屋院では、表側から切開して皮膚を切除する方法で行なっており、1回約30分ほどの手術で、片目で125,000円、両目で250,000円が料金となっています。

B美容外科名古屋院では、結膜のみ切開法と皮膚切開法、切らない糸によるタッキング法を行なっています。

料金は、それぞれ異なり糸によるタッキング法が75,730円、結膜のみ切開法は248,000円で皮膚切開法は348,000円で、いずれも両目の料金です。

Cクリニック名古屋では、両目のタレ目形成が180,000円となっています。

水の森美容外科名古屋院では、裏側のみから行う手術と表の皮膚を切り取るだけの手術を行なっており、いずれも正規料金は400,000円となっていますが、会員料金では279,000円です。

画像ブログ・実際の経験談から分かる注意点まとめ

タレ目形成は目を大きくタレ目にしたい人におすすめの美容整形で、きつくて細い目を優しく大きな瞳へと改善していくことができます。

つり目の人は大人っぽい印象を与える一方できつい印象に見えてしまいます。このつり目をタレ目に形成していくことで優しくかわいい印象にさせることができますし、目も大きく見せることが可能となります。

タレ目形成は目尻側の下まぶたを糸で引き下げて固定していくことで、タレ目にしていくことができます。下まぶたの内側から施術を行っていきますから外から傷も見えませんし、腫れや内出血も少ないためダウンタイムも短く確実な効果を得ることができます。

ただ中にはまぶたを下げるとまつ毛が目に当たってしまう場合もあります。こういった場合には皮膚も一緒にきったり下げ具合を控えめに行う必要があります。

タレ目形成は一人一人のまぶたの形にあわせて理想の目元に近づけていく必要がありますから、事前のカウンセリングでしっかりと医師とイメージを共有することが大切です。

日本人は西洋人に比べると細くてつり上がった目の人が多くきつい顔に見られる場合が少なくありません。こういったつり目を少し垂れた女性らしい優しい目にするために目尻にアイラインを入れている人も多いと思いますが、タレ目形成をすることでメイクをしなくてもタレ目にしていくことができます。

手術は皮膚側から切開する方法と裏側から切開しない方法・裏側から行って皮膚を切除する方法・糸だけを使用する方法の4種類があります。もっとも効果的な方法としては表側から切開して行い余分な皮膚も切除する方法となりますが、どうしても傷跡が気になるという場合には裏側や糸を使った治療法を選んだ方がよいでしょう。

タレ目のデザインは黒目の外側が下がるようにデザインをしていき、下まぶたの黒目の外側をどのようにさげていくのかをペンをつかってデザインしていきます。

一人一人目の形は異なりますから最適なデザインをすることが失敗を防ぐためには重要で、デザインが決まれば麻酔クリーム・局所麻酔の注射を行います。

麻酔クリームがきいていますから痛みはそれほど強くありませんが、手術中に目をあける必要があるため局所麻酔を行います。間違って黒目の下も下げてしまうと下三白眼の状態になってしまい陰気な印象を与えてしまいますから、白目の下だけを下げることが大事です。

大きめのカラコンをするから下三白眼になっても大丈夫と思う人もいるかもしれませんが、ドライアイになったり目の病気になってコンタクトをできなくなる可能性もありますから、気をつけましょう。

医師の評判・ランキング・おすすめの病院のご紹介はこちらから

美容外科クリニックで希望されている美容整形で、一番人気があるのが二重手術です。ぱっちりした目にあこがれる方は多いですし、一重や奥二重でコンプレックスになっている方もいます。同時になりたい目にするために、人気があるのがタレ目形成です。グラマラスライン形成と言いますが、この手術をすることで優しい目の印象になります。

女性に特に人気がありますし、男性ウケも良いのでお勧めです。しかしやりすぎてしまうと失敗することもありますし、経験豊富な医師を探すことがまず先決と言えるでしょう。

名古屋でも高評価されている医師はたくさんいますが、クリニック選びはポイントをおさえていくことも重要です。理想的なクリニックを探していきましょう。

当相談所では、名医のご紹介を致しておりますので、ご希望の方は下記フォームからお気軽にお問い合わせください。

目頭切開

名医紹介とご優待紹介状はこちら

失敗患者を減らすため、ドクターごとの失敗確率を集計致しました。最も失敗の少ない名医を全国でご紹介しています。

また、ご優待紹介状を全国の病院に発行しておりますので、有利に治療を受けられます。

「カウンセリングの裏ワザ」「傷跡を少なくするお薬」などもご説明しております。

名医紹介とご優待紹介状はこちら

コメントを残す

*

*