名古屋で眼瞼下垂治療が上手いおすすめのクリニック・名医

名古屋でキレイになりたい!眼瞼下垂治療が上手いおすすめのクリニックをご紹介いたします。

顔の美容整形の中でも日帰りで施術を受けることができる眼瞼下垂手術には、いくつかのリスクが存在します。

そのリスクや施術を受けるさいの注意点を知ることは、名古屋に限らず美容整形クリニックを探すときのポイントになります。

名古屋で眼瞼下垂治療が上手いおすすめのクリニック・名医

術後の感想から分かる眼瞼下垂のトラブル例・後遺症まとめ

眼瞼下垂手術で起こりやすいリスクでは、施術後の目の大きさや開き具合に差が出てしまうケースです。眼瞼下垂は日常的にコンタクトレンズを使用している方や、加齢にともなうまぶたのたるみが原因で起こりますが、左右が同じに垂れるのではなく左右差が出ます。

そのため、それぞれのまぶたに合わせて皮膚の切除をおこなう範囲を計算し、左右均等になるようにおこなうことが求められます。

開き具合の状態にもよりますが、ひどい場合には上まぶたのひきつりが強くなってしまうことでドライアイや三角目になってしまうケースもあります。

特に粘膜が見えてしまう状態は乾燥や痛みの緩和のため眼科クリニックなど本来であれば必要のない通院をするはめになるので、整形前のカウンセリングは何よりも重要です。

後遺症やトラブルが起きてしまった場合は、速やかに担当してもらった医師に相談をし、そのまま同じ担当の医師に再手術をしてもらうか他のクリニックに変えるかの2択を決めましょう。

後者の場合は、他院で受けた眼瞼下垂の手術部位を再度的確に施術をおこなうことができる美容整形クリニックを選ぶことが大切です。クリニックによっては再手術を受け付けないところもあるので注意しましょう。

眼瞼下垂手術に限らず、顔の美容整形は特に注意が必要です。専用の糸を使う方法だけであれば再手術は難しくないのですが、切開や切除をおこなう美容整形は元の状態に戻すことが難しく、状態によっては戻せないことも多いです。

そのため、医師を選ぶときにはカウンセリングを受けたさいにリスクに関する情報をどの程度明確に教えてもらえるかという点や、トラブルや後遺症が起きてしまった場合の処置について説明があるところを選びましょう。

眼瞼下垂手術の技術がともなわない医師や、美容面からの気配りができない医師の場合には、まぶたが持ち上がり目を開くことができても美容的面で納得がいかない、いわゆる失敗が起きます。

眼瞼下垂は再手術をおこなうには難しく、できれば1回の施術で納得のいく結果を得たいところですが、医師の技術や経験数を考慮しないで選んでしまうことでこのようなリスクが高くなるので注意が必要です。

名古屋の病院・美容外科クリニック3つの費用をまとめてみた

眼瞼下垂は上のまぶたが下がっている状態で、眼瞼挙筋という筋肉の働きが弱くなっているために生じます。見た目に眠そうな目に見えてしまう、老けて見えてしまうことから美容的な問題になり、他にも視野が狭くなるなどの影響があります。

生まれつき眼瞼下垂という方もいますが、最近では加齢とともに起こるものや、コンタクトレンズを長期間使用しているために起こることがあります。視野も狭くなるために目を大きく開けようとしたり、顎を上げてものを見ようとしてしまうなど、肩こりや頭痛の原因にもなってしまいます。

眼瞼下垂は手術で治療する方法があり、全切開による方法で軽度から重度な眼瞼下垂も正常にまぶたを開くことができるように手術を行うことが可能です。

理想の目もとを目指して事前にカウンセリングを行ない、まぶたの形などからコンピュータによるシミュレーションを行ない、理想的なイメージを作り上げます。

手術についても不安なことがあれば事前のカウンセリングにて確認することができ詳細な説明をうけることができます。名古屋の病院・美容外科クリニックの眼瞼下垂の手術の費用について、某クリニックでは片目で350,000円といった費用で可能です。

画像ブログ・実際の経験談から分かる注意点まとめ

魅力的な二重まぶたに憧れている方は多いですが、一重まぶたの方の多くは少しでもパッチリとした二重まぶたになるためにも二重化粧品を利用して擬似的に二重を作っている方が増えています。一重まぶたの方の特徴として、まぶたにハリがあり脂肪が余り付いていないことや、皮膚のたるみが少ない事が関係して二重になりにくい状態になっています。

人によっては元々二重まぶたの方もいますが、このような方の場合二重まぶたになるほど皮膚がたるんでいたり、脂肪が付いてしまっているため、年齢を重ねて目元周辺の筋肉が低下するとまぶたが下にたるむ状態になり瞳がきちんと開けなくなる可能性があります。

この症状は眼瞼下垂と呼ばれ、自然に起こってしまった症状であれば保険診療内で治療を受けることが可能です。ただ全切開を行う必要があるので、肌への負担を少しでも減らすためには技術経験の高いドクターがいる美容整形外科や美容外科を利用することが重要になります。

また実際に眼瞼下垂の治療を受けた方のその後の仕上がりが紹介されているブログなどを参考にすると、どのような流れで治療を行っていくのか、ダウンタイムの症状の度合いなども把握出来るので、実際に治療を考えている方は参考にすることをおすすめします。

治療を受けた方は、眼瞼下垂ではなかったという方が大半です。この眼瞼下垂が起こる原因は加齢に限らず、コンタクトレンズをする時にまぶたを引っ張る習慣がある場合や、化粧を落とす時にゴシゴシ擦ってしまう方は、デリケートなまぶたの筋肉に影響を与えて、簡単に眼瞼下垂の症状が出てしまいます。

多くの方は目が痒い時に擦ってしまうことで眼瞼下垂になる方が多いので、年齢や性別に関係なくどのような方でも起こるまぶたの症状の一つのため、きちんとした治療方法を知っておき万が一のときにはすぐに美容外科クリニックや美容外科に相談が出来るようにしておくことが重要です。

一般的に眼瞼下垂なら形成外科を利用する事が多く、眼瞼下垂じゃないけど今より目を大きくしたいなら美容整形外科を利用する方が多いですが、最近では美容整形外科でも保険診療内で行う眼瞼下垂の治療を行うクリニックが増えてきているので、二重治療をあわせて行いたいと思っている方は美容整形外科の利用をおすすめします。

また治療方法には全切開を行う方法の他に、切開を行わず特殊な医療糸を利用して治療を行う方法もあり、仕上がりやダウンタイムが起こりにくい点が注目されています。

名医の条件・上手いクリニックの特徴とは?

瞼が重く感じる、眼が開きにくく歳ともに小さくなった、肩こりや片頭痛がある、上瞼にくぼみが出てきた方は眼瞼下垂の疑いがあります。

クリニックで検査をして眼瞼下垂と診察された場合は手術を行うことで改善する可能性があります。

コンタクト使用や老化等によって瞼を上げる筋肉である眼瞼挙筋を動かす動眼神経に異常が起こることで発症する病気です。

手術方法は2種類あり一つは短縮法で瞼を切開して瞼の中にある支持組織の瞼板と瞼を持ち上げる筋肉の挙筋を露出します。余分な筋肉と皮膚を取り除いて縫合する手術です。

またもう一つは前転法があり伸びたり縮小したりする膜を瞼板に再固定する手術になっています。クリニックで最初に進められるのがこの方法で、どちらも難易度が高いのですが短縮法の手術は難しく医師の中で完璧にできる人は少ないはずです。

そして近年この手術を受けた方で左右の目の大きさが合わない、過剰に開きすぎてびっくり目になってしまった、手術したのに目の開く具合が変わらない、ラインが太すぎて二重になってしまったなどの失敗を訴える患者さんが大変多くなっています。

その原因として上がられるのはコンタクトを使用する方が多く高齢化社会のため発症する患者さんが大幅に増えてしまったことがあげられます。短縮法は目の周りの筋肉が弱ったため元に戻すための手術です。

皮膚だけでなく筋肉を切除するため失敗すると後戻りができなくなる場合もあります。

失敗例としては筋肉を取りすぎて目が閉じ切らなくなったとか、眼の形が変わってしまったとかがあります。

そして眼瞼下垂の短縮法は非常に難易度が高く医師にはトレーニングが必要となっているはずです。

しかし実際にそのトレーニングを受ける医師が非常に少ないことから手術に失敗してしまう医師が多いようです。

このためネットで検索して評判の良い医師に手術を選んだり、CMを頻繁にやっている有名なクリニックで手術を受けたところ失敗してしまった例が多数あげられています。

医師や病院を選ぶポイントとしては短縮法の症例数が多く、眼瞼下垂の手術にたけている名医がおりこの手術に成功すると医師の実績紹介も兼ねて症例写真を見せてほしいと依頼する患者さんもいます。

成功の症例写真が多いほど信頼でき必ず確認したほうが良いでしょう。そ

してそれ以外にあらゆる所から情報を集め名医紹介サイトなどを利用して問い合わせることも実績のある名医や設備が充実しているクリニックを探すためには効果的です。

医師の評判・ランキング・おすすめの病院のご紹介はこちらから

眼瞼下垂は、眼瞼挙筋という筋肉の働きが弱いために上まぶた(上眼瞼)が下がっている状態です。症状としては、上眼瞼が何らかの原因でひとみ(瞳孔)に上眼瞼がかかってくると視野障害が生じます。

こういった日常的な不具合で不便さを感じている方も多いですし、もちろん美容的な所でも見た目の印象が悪くなってしまうデメリットもあります。自分の努力ではどうにもできない事ですが、美容外科クリニックなどではこの手術を受けることが出来ます。

引き上げる力がありますので、見た目の印象だけではなく、視野が広がるなどのメリットもきちんと出て即効性もあります。多くの方が満足していてやって良かったという声が寄せられています。

名古屋で手術が出来るクリニックもたくさんありますので、まずは理想的なクリニックを探すことから始めていきましょう。

名医と言われている医師は、実績も経験もありますし口コミ評判でも高評価されています。もちろんそれは当相談所でご紹介しているランキングにも反映されていますので、クリニック選びの参考にしてみると良いでしょう。

医師の評判・ランキング・おすすめの病院のご紹介はこちらからお気軽にどうぞ。

目頭切開

コメントを残す

*

*